Indoor's

Indoor's

漫画とYoutubeの紹介がメインコンテンツ

『猫カフェMoCHA』かわいい子猫と触れ合える!超おしゃれな猫カフェ「MoCHA」

疲れた時に見る動画をご紹介。


もっふもふのぬこ・・・癒されますな~・・・。自分でも飼えたら良いんですけどねえ。
他にもうさぎカフェやふくろうカフェの動画なんかをよく見ます。

都内なので行ける範囲ではあるけど一人で行くのはちょっと憚られる。
そんな欲求をなんとか解消しようと思いついた苦肉の策「動物カフェの動画を見る」

動画を見た後はどんな種類の猫を飼おうかと猫図鑑をググったり。
いつか、飼えるようになったら迎えに行くからね・・・!

『CUBE ZERO』謎の立方体空間「キューブ」の核心に迫る【ネタバレあり】

キューブシリーズの完結編、キューブゼロを見ました。

内容はぶっ飛んでいましたが正統続編の「キューブ2」では
大きな組織によってキューブが製作され何かしらに関わってしまった人間が閉じ込められるというヒントが得られました。

キューブゼロは無印以前の物語ということで期待が高まります。

概要

「キューブ」シリーズの第三作であり、シリーズのプロットに倣って致命的な罠があちこちに仕掛けられた立方体の部屋が並ぶ迷宮に閉じこめられた人々の恐怖を描く。
内部を監視する人間にも焦点があてられキューブの核心に迫る内容となっている。

感想

最初はお馴染みの殺人トラップによる惨殺シーンだったんですが、初っ端からとびっきりのグロさで驚きました。
瞬間的に危害が加わるものに比べてえげつなさが半端ない。
あとから思い出しても気分が悪くなるほど印象的で恐怖を植え付けられました。

管理者視点で徐々に明かされていく謎

本作ではキューブを管理する人間・エリックが主人公。
エリックと同僚・トッドの話では、キューブの管理は企業と同様にピラミッド構造になっており彼らは一部署の現場責任者な模様。

しかし、そんな彼らでもキューブに関する詳細は聞かされていないようで
閉じ込められた人間や管理体制のおかしな部分について深く考えると記憶をいじられキューブ内に入れられてしまうらしい。なんて酷い職場だ。

また、重大な謎の一つであったキューブに閉じ込められる人間の話も語ってくれました。
どうやらそういった人間は死刑囚に限られていたようです。

無印では警察官や医療従事者、学生など様々な男女が登場しましたが、
全てキューブに都合の良い様に記憶を改ざんされた死刑囚だったみたいですね。


そう考えると脱獄に長けた人やキューブ関係者がいたことにも合点がいきます。
しかし管理者側からも時たま放り込まれることや今回のレインズのような異例が存在することを考えると、その話こそ管理者に都合の良い様に説明しているだけかもしれないですね。

無印に繋がるラストシーン

最後はエリックがキューブに閉じ込められてしまうという救いのない展開でしたが
個人的には良い終わり方だったなと思います。

エリック=カザンなのか、それとも特別優秀な人間はあのような症状にさせられてしまうのかは微妙なところですが・・・カザンとして考えた方が面白いかもしれませんね。


無印の人たちが脱出できたとして問題は最後の部屋での問い「神はいるかいないか」
クエンティン、ハロウェイ、ワースは即答して死んでしまいそうですね。
レンとレブンは微妙、一番可能性が高いのはカザン。

逆説的に言えば「特別優秀な人間はあのような症状にさせられてしまう」パターンなら覚醒した元職員が別回答をしていそうだし、やっぱりエリック=カザンなのかも。

 

キューブシリーズはこれでおしまい。最後まで見れて良かったー!

 

『ミルクパズル』ジグソーパズルの最難関に挑戦しました

とある事情でこういうものをいただきました。
ジグソーパズルなんて作るのは下手したら10数年ぶり・・・?

ご存じでない方に説明しますとピースが全て真っ白なジグソーパズルです。

存在自体は宇宙兄弟という漫画に登場していたため知っていましたが
ジョークグッズの類というわけではなく意外と人気があるらしい。


確かに久しぶりのパズルということで若干テンションは上がりましたし、
枠組みを作っているうちは簡単にクリアできてしまうのではとワクワクしました。


 

しかし・・・
内側を組みだしたら全然面白くない!!!

特に今はドラクエスプラトゥーンが待っているというのに
「どうしてこんなことしているんだろう」という気分がそれはもう凄まじい。
真っ白なピースのせいで無駄に集中力が必要なのも腹立たしいですね(笑)

パズルが得意な人はスラスラとはめられるモノなんでしょうか・・・。


折角いただいたので完成させるつもりではいますが、
フレームも買っていませんし終わり次第 即座にバラバラにして箱にしまう予定です。

精神と時の部屋にいる方か宇宙飛行士試験に挑戦したい方は組んでみてください。

『中間管理録 トネガワ』カイジのスピンオフ、利根川の苦悩を描いたギャグマンガ【ネタバレなし】

試し読み後、全巻を大人買いしました。

賭博黙示録カイジや実写映画で圧倒的な存在感を放っていた利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品で、本編とは大きく逸したギャグマンガになっています。

概要

賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。
時間軸としては「賭博黙示録」以前、大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

原作:萩原天晴・漫画:橋本智広、三好智樹・協力:福本伸行月刊ヤングマガジンにて連載中。

意外過ぎる帝愛グループの内情

カイジに立ちはだかり続ける宿敵・帝愛グループを舞台に、冷酷な闇の組織の内部は
意外と人間臭い企業だったという内容になっています。
基本的には利根川の苦悩が描かれていくのですが、そのパターンがとても豊富。


物語は兵藤会長から指示された中間管理職的な立ち位置にいる利根川が
会長を楽しませる催し(後の限定じゃんけん)を企画するところから始まります。
利根川は部下たちと協力せねば出世できない立場ながら、
頼りの部下たち(本編でも度々登場した黒服たち)は実はポンコツの集まりだった

f:id:yutotorin:20170803145653p:plain

試し読みはこの話まででしたが、これだけで心を掴まれました(笑)

見た目が似たり寄ったりの黒服たちが強烈な個性を持っている。カイジを読んだことのある人にはそれだけでも話として面白いのに、利根川や福本漫画特有の構文を絡ませたギャグのキレが良く自然と笑ってしまう。

 

カイジシリーズのように社会的地位が低い人間や借金などのワードが出てこないため、話に重さを感じない福本ワールドがギャグマンガとしてマッチしています。

純粋にギャグマンガとして面白いため、シリーズを知らない人にでもお勧めしたい作品です。

 

スプラトゥーン2とドラゴンクエスト11を買いました

f:id:yutotorin:20170802132918p:plain
最近ブログを書けていない理由・・・
それはスプラ2とDQ11をプレイしているからです!

ちなみにスプラトゥーンはスイッチと同時購入、ドラクエPS4版を買いました。

スプラ2はあれですね・・・ガチマッチでデスを稼ぐ日々が続いています(笑)
スイッチの操作には慣れて来たもののまだ基本が分かっていないというか、
良い様にやられてしまうことがよくあって仲間の人に申し訳ないなーって感じ。

明らかに動きが違う人は、恐らく前作プレイヤーなのかな?

ドラクエ11は久しぶりのRPGなのにカジノばっかりやっています。
あと1回あと1回と続けているうちにブログを書く時間が失われていくのだった・・・。

『封神演義』まさかの再アニメ化について少し書く

まずは再アニメ化おめでとうございます。

ブログを始めたばかりの頃に紹介した作品なんですが、
思い入れの強い作品なだけに少々困惑しています(笑)

しかしまぁ、再アニメ化ですか・・・。
駄作と叩かれている旧アニメも個人的には大好きでビデオを何度も見返した作品です。
確かに原作を考えるとストーリーはメチャクチャでしたし十二仙の扱いも酷かったですが、物凄くマッチしている声優さんたちの演技は今でも耳に残っています。


少し前にマンガが無料配信されていたことが決め手となったのでしょうか。
正直あの時は再アニメ化というより、もしもブームが大きく広がってしまったら
実写化してしまうのではないかと若干ヒヤヒヤしていました。


再アニメ化にしろ実写化にしろ、ジャンプ黄金期の作品って本当に凄い力を持っていますね。
マイナー気味なまま埋もれるのもまた良しなんて書きましたが再評価されていることは素直に喜びたいと思います!

『パズル&ドラゴンズ』パズドラをリセマラするなら今がチャンス、リセマラおすすめモンスターTOP10!

f:id:yutotorin:20170611211936p:plain

こちらで紹介したパズドラですが、
本日から「夏休み&サービス開始2000日」イベントが始まりました。


イベント内容の中でも注目なのがゴッドフェス
ゴッドフェスとはイベント中に2~4日間のみ開催されるレアモンスターの的中率が上昇している期間なんですが、タイトルの通りリセマラをする大チャンスといえるラインナップとなっています。

リセマラをオススメする理由

f:id:yutotorin:20170728134904p:plain

最強パーティランキングなどを見ても分かる通り、
現在のパズドラではコラボキャラクターゴッドフェス限定モンスターが強いリーダーの大部分を占めています。
中でもモンスターハンターコラボのディアブロス
フェス限のヨグソトー辺りは別格の強さを持っています。

と言ってもコラボキャラクターは次回開催まで手に入らないため、
新規で環境トップを目指すのであれば10数種類の中から最強格のゴッドフェス限定モンスターをツモる必要がある。

その莫大なリセマラ作業を緩和してくれるのが今回のゴッドフェス。
最強格のモンスターが10倍の的中率です。

リセマラでオススメなモンスター

1位 ヨグ=ソトース(的中率10倍)

f:id:yutotorin:20170728131410j:plain

上記した通り、最強の一角であるフェス限定のモンスター。

とにかく高い火力と発動条件が簡単な耐久性能を持つリーダースキル(LS)によって
周回性能はもちろん、高難易度やマルチプレイにも適性がある文句なしの最強モンスター。

自身のステータスの高さやサブモンスターの自由度の高さも魅力的で、
手持ちが揃っていないうちでも活躍できる。

リーダー性能:★★★★★
サブ性能  :★★★★★
アシスト性能:★★★★★


2位 カミムスビ(的中率10倍)

f:id:yutotorin:20170728131934j:plain

最強の一角になり得るポテンシャルを持った最新フェス限モンスター。

ヨグソトースに似たLSを持っており、使いやすさと強さを兼ね備えている
スキルターンの短い割合回復スキルを所持しているため扱いやすいものの
パーティの最終形として完璧に噛み合うサブは少な目。
サブ候補が増えれば使い勝手は更に増すだろう。

リーダー性能:★★★★★
サブ性能  :★★★
アシスト性能:★★

3位 立花ぎん千代

f:id:yutotorin:20170728133317j:plain

サブとしても超優秀な恒常モンスター。

多色+【7×6盤面】という珍しいLSを持っており、条件を満たすのはそれなりに簡単。
自身のLSで軽減とそれなりの火力が出るため、フレンドの選択肢がいくつか存在することも序盤では助かる。
スキル・覚醒スキルともに優秀と隙が少なく継承にも使えるため腐りにくい。

リーダー性能:★★★★
サブ性能  :★★★★★
アシスト性能:★★★★★

4位 ネイ(的中率5倍)

f:id:yutotorin:20170728152051j:plain

好みの属性に進化させることができるフェス限モンスター。

難易度は非常に高いが進化させてしまえれば扱いやすいLSに加え
優秀なスキル・覚醒スキルを持つ万能なモンスターへと変貌する。

進化前でも破格の強さを持つが序盤にリーダーとして運用するのは難しいだろう。

リーダー性能:★★★★
サブ性能  :★★★★★
アシスト性能:★★★★★

5位 アメノミナカヌシ(的中率5倍)

f:id:yutotorin:20170728141737j:plain

珍しい複合LSを持つフェス限モンスター。

条件がそれなりに簡単かつ最大倍率が高く耐久性能もあるが、綺麗にパーティを組もうとすると選択肢が一気に狭まる。
序盤は光/水を意識せずに組むことになると思うがそれでも十分に強い。

リーダー性能:★★★★
サブ性能  :★★★
アシスト性能:★★★★★

6位 劉備

f:id:yutotorin:20170728143146j:plain

マルチ周回適正トップの恒常モンスター。

進化前をリーダーとして使っていくのは難があるが、覚醒進化させると一気に用途が広がる。
サブの編成を全て降臨キャラクターで済ませられることに加えて、
編成を作ってしまえばランク上げや周回の面で古参との効率の差をほぼ無くせる

覚醒進化にしては素材の難易度が低いことも嬉しい点。

リーダー性能:★★★★★
サブ性能  :★★★
アシスト性能:★★

7位 イルム(的中率5倍)

f:id:yutotorin:20170728140413p:plain

お手軽高火力なフェス限モンスター。

簡単な条件で出せる高火力と耐久性能を持っている。
分かりやすい陣スキルに加えて噛み合うリーダーが存在することで、
ランキングダンジョンへの適正もある。

リーダー性能:★★★★
サブ性能  :★★★★
アシスト性能:★★★★

8位 アヌビス

f:id:yutotorin:20170728144907j:plain

元祖ロマン火力の恒常モンスター。

進化を重ねることで爆発的な火力と耐久性能を得るコンボリーダー。
モンハンコラボのディアブロスと非常にマッチするため、
転生進化さえさせてしまえれば最強のリーダーにもなり得る

リーダー性能:★★★★★
サブ性能  :★★★★
アシスト性能:★★

9位 クシナダヒメ

f:id:yutotorin:20170728153950j:plain

自由に倍率を可変させられる恒常モンスター。

アヌビスと同じく進化を重ねることで火力と耐久性能が上がる。
盤面外でコンボしなくなる【落ちコンなし】という珍しいLSを持っており、
その場その場で火力の調整が行える

強力なサブ候補は少なめだが自由度は高く、ディアブロスと組ませることも可能。

リーダー性能:★★★★
サブ性能  :★★★
アシスト性能:★★★★

10位 スクルド(的中率5倍)

f:id:yutotorin:20170728155612j:plain

多才な性能を持つフェス限モンスター。

優秀なスキルを持つため継承要員に使われる程度だったが、
分岐進化によって一躍ベースとしても期待できるようになった。

現状では水属性を先導する強リーダーがいないためサブ性能は活かしづらいが、
ジュリと組み合わせる等リーダーとしても運用できる。

リーダー性能:★★★
サブ性能  :★★★★
アシスト性能:★★★★★

まとめ

進化の難易度を考慮してこんな感じに、カミムスビスクルドは意見が分かれそう。
しかし選んでいて思ったのは、やっぱりフェス限は凄いですね。

今回のゴッドフェスは「フェス限のみ超絶5倍」適応(ヨグ・カミムスビは10倍)、
感覚的に☆6は10回に1回ほどでしょうか。
そう考えるとリセマラならヨグソトースを引くのも無謀な話では無いんじゃないかなぁ。

Indoor'sは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。