Indoor's

太れない症状「胃下垂」の改善方法を調べてみた

昔から体重が大きく増減しない体質「胃下垂」だったんですが、
今夏に入ってから急激に体重が落ち始めていてこれはまずいと焦っています。
ちなみに現在は44kg。

胃下垂自体は重い病気では無いようですが、不安を拭うためにも改善方法を調べてみました。

胃下垂とは

筋肉の収縮、ストレス、急激なダイエットなどによって起こる症状で、胃が通常よりも垂れさがった状態になること。

「胃を支える筋肉や脂肪の少ない痩せ型で長身の人」がなりやすいと言われている。

胃下垂の改善方法

暴飲暴食を控える・甘いものを控える

一度の食事の量を減らし回数を増やしたり、食べる速度を落とすことも効果があるようです。
また甘いものは筋肉を落としてしまうとか。

これは思い当たる節だらけですね・・・。
当面は甘い飲み物を控えるようにしないと。

しかし食事の回数を増やすって逆に身体に悪そうな気がしてしまう。

下腹部を鍛える・姿勢を正す

これらを毎日・・・はできるか分かりませんが3日坊主にならないように頑張ります。

姿勢の悪さは何度か治そうとしたんですが、どうにも難しいんですよねぇ。
スマフォやパソコンをいじる時間が長く気が付くと悪い姿勢になっている。
こればっかりは意識的に持続するしかないでしょうか。

まとめ

生活習慣を見直すことで徐々に改善していく症状であるため、
長い目で見て継続するしかなさそうですね。

筋肉がつけば体重も増えるでしょうし、少しずつでも平均体重に近づけるように頑張っていこうと思います。

目標は9月までに47㎏

広告を非表示にする
Indoor'sは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。