Indoor's

『キングダム 47巻』王翦と李牧の水面下での戦い【ネタバレあり】

先日発売された47巻のネタバレ感想いきます。
李牧率いる趙軍との戦いはどのような展開を迎えるのでしょうか。

あらすじ

秦国は無謀ともいえる作戦の元に趙国攻めを始める。

王翦を総大将に桓騎、楊端和の三将軍からなる連合軍に参加した飛信隊。
将軍まであと一歩の地位までたどり着いた信は、遂に王騎将軍の矛を手にとるのであった。

47巻の内容

王翦の指示により趙王都への入り口「列尾」を攻める飛信隊と山の民。
飛信隊に新たに加わった天才弓兵・仁の凄まじい働きもあり、
列尾は半日で陥落することになった。

f:id:yutotorin:20170724143426j:plain

しかし、この城には「守りにくい構造にすることであえて簡単に陥落させ再び奪い返す」という異質な罠が李牧によって仕掛けられていた。


この罠にいち早く気づいた王翦は難攻不落の要地「鄴」へと急ぎ向かい、
潰えた昌平君の軍略に代わり、自身の策によって新たな糸口を掴む。

47巻の感想

 今回は主に軍略回というか、王翦と李牧の水面下での戦いという雰囲気でした。
まだまだ謎の多い王翦将軍の実力が徐々に明らかになっていくこの感じはたまりませんね。

そのため戦闘シーン自体は少な目だったんですが、久々の山の民の戦に加え弓兵兄弟の初めての実戦と中々濃い戦闘描写が。

山の民の戦は相変わらず豪快で、見ていて爽快感があります。
「山の民」というネーミングがマッチしすぎていますね(笑)

一方、鳴り物入りで入隊した弓兵兄弟はそのチート性能ゆえか若干雲行きが怪しい。
流石にいきなり片欠けになったりはしないと思いますが・・・仁を見るに相当な戦力ですから、二人揃ったら飛信隊は中遠距離でも爆発的な存在になってしまいますね。

広告を非表示にする
Indoor'sは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。